--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.12.23

路面電車ルネッサンス 宇都宮浄人・著

欧米では路面電車の建設ラッシュが続く。商店街の荒廃、交通渋滞など、年の抱える諸問題を解決する、都市再生の切り札なのだ。
路面電車ルネッサンス 宇都宮浄人・著
路面電車ルネッサンス 宇都宮浄人・著

路面電車を、昔の乗り物と思い込んではいないだろうか。新世紀の都市交通の主役として、ヨーロッパ、そしてクルマ社会のアメリカでも、今や路面電車の建設ラッシュである。クルマの排気ガスによる大気汚染や渋滞、さらに中心市街地の衰退―。現在の都市が抱える問題を解決し、都市再生の切り札として、路面電車が再び脚光を浴びているのだ。地球環境にも人にも優しい路面電車を、豊富な事例に加え、経済学の視点とさまざまなデータを駆使して、冷静に捉え直す。

著者:宇都宮浄人
1960(昭和35)年兵庫県西宮市生まれ。84年京都大学経済学部卒業。現在、日本銀行に勤務。

この記事へのトラックバックURL
http://bookstore.blog2.fc2.com/tb.php/82-424789dc
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。