--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.02.28

Year 2004 Anual Top 200 Albums (1-10)

# Title Artist Labels
1 CONFESSIONS Usher LaFace/Zomba
2 SPEAKERBOXXX/THE LOVE BELOW OutKast LaFace/Zomba
3 CLOSER Josh Groban 143/Reprise/Warner Bros.
4 THE DIARY OF ALICIA KEYS

Alicia Keys J/RMG
5
FEELS LIKE HOME
Norah Jones Blue Note
6 FALLEN Evanescence Wind-up
7 SHOCK'N Y'ALL Toby Keith DreamWorks (Nashville)/Interscope
8 IN THE ZONE Britney Spears Jive/Zomba
9 THE VERY BEST OF SHERYL CROW Sheryl Crow A&M/Interscope
10 WHEN THE SUN GOES DOWN Kenny Chesney BNA/RLG

1位 CONFESSIONS / Usher
Amazon.co.jpより;
俳優としても活躍している人気R&Bシンガー、アッシャーの4thアルバム。クラシック・ソウルの伝統を受け継ぎつつ、カッティング・エッジなグルーヴにも大胆にアプローチ。バラードと言うか、歌いあげるような曲がアッシャーらしいと思わせる一方、注目プロデューサー、リル・ジョンを起用した話題のシングル「YEAH!」がやはりキョーレツな異彩を放っている。グルーヴで勝負するこの煽情的なトラックの前では、そうそうたるプロデューサーが参加した他の曲も、ちょっと霞んでしまったかもしれない。

4位 THE DIARY OF ALICIA KEYS / Alicia Keys
Amazon.co.jpより;
2003年末に発売され全米初登場No.1を獲得した大ヒット・アルバム。

8位 IN THE ZONE / Britney Spears
Amazon.co.jpより;
前作『ブリトニー』で大胆にイメチェンを図ったブリトニー・スピアーズが、前作以上に過激なやり方で作り上げた、本人いわく「ネクスト・レベルのポップ・ミュージック集」だ。プロデューサー陣には、レッドゾーン、ザ・マトリックス、リンダ・ペリー、モービー、R.ケリー、P.ダディら、現代のミュージック・シーンを代表するそうそうたる顔ぶれが並んでいる。
テクノ、ガラージ、トランス、ヒップホップ/ラップ、ソウルなどなど、ありとあらゆるビートとグルーヴを飲みこんだ楽曲の数々は、まさに斬新の一言に尽き、世界が注目するポップ・アイコンが、こういう作品を作ることにこそ意味がある。デュエットしているマドンナを凌駕する日も近いだろう。

この記事へのトラックバックURL
http://bookstore.blog2.fc2.com/tb.php/21-9f867a99
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。