--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.12.13

コトラーが教えてくれたこと 女子大生バンドが実践したマーケティング/西内啓, 福吉潤

マーケティング初心者向けの入門書といっても良いだろう。 といっても、解説書ではなく、小説仕立てになっている。 女子大生である志村絢が、大学でマーケティングの授業を行っている教員・碇八千代の指導を受けながら、バンドのライブの成功に向けたマーケティングを行っていくというストーリー。


著者自身が「あとがき」で述べているように、この本は、2009年12月に発売された「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」/岩崎夏海・著 のスタイルを踏襲している。 マーケティングについて何も知らない人は、ストーリーを追っていくにしたがって、ヴィジョンとミッションの定義、3つの「i」、SWOT、4つの「P」などについて、理解していけるようになっている。 小説を読むつもりでこの本を読むと、説明調のセリフや、都合の良すぎる話の展開に、白けてしまうかもしれない。 また、マーケティングの基本事項を既に理解している人にとっては、内容的にもの足りないかもしれない。 入門書のつもりで、気軽に読む人にとっては、わかりやすく、適した本だと言えるだろう。

コトラーが教えてくれたこと 女子大生バンドが実践したマーケティング 西内啓
この記事へのトラックバックURL
http://bookstore.blog2.fc2.com/tb.php/144-ed72e7f2
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。