--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 |
2008.06.23

進化しすぎた脳/池谷裕二

脳は科学の最後のフロンティアと言われていたのは、もう昔の話で、近年における脳科学の進歩には目を見張るものがある。池谷裕二さんの本は、わかりやすく、かつ面白く書かれているのが特徴。中でもこの「進化しすぎた脳」は、アマゾンでのユーザレビューの評価も高く、気体が持てる内容。「「見る」とはものを歪める行為である。」とか、「ヒトの脳は柔軟性を生むために発達した。」とか、「部分と全体は互いに不可分で、相互に影響を与えている。脳も複雑系。」とか、結構、本質的なことを書いているが、文章は平易と言っていいのだろう。

進化しすぎた脳 中高生と語る「大脳生理学」の最前線 池谷裕二
スポンサーサイト
2008/06/23(月) 00:15:13 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2008.06.08

経営者の条件(ドラッカー名著集1)/ピーター・ドラッカー

こういう本も、読む。ビジネスの方法は、独りよがりにならず、先人の知恵を拝借すべきであると、近年益々思う。二十代の頃は、自分の独自性に価値を見出したいという考えが中心にあった。ドラッカーを読み始めたのは、最近、自分が尊敬する経営者の一人が強く勧めていたから。その人が言うには、ドラッカーの本は現場で考えられたことが書いてあり、学者による理論のための理論ではないところが良いとのこと。読んでみて驚くことは、この本が40年以上も前に書かれていたこと。そして、その新しさ、その価値が、21世紀に入った今でも全く失われていないこと。

続きを読む
2008/06/08(日) 23:30:00 | ビジネス | COM(0) | TB(0) |
2008.06.08

京 きものデザイン下絵 / Kyoto Kimono Design Drawings

書店で手にとって気になった本が、この、きものデザインの下絵集。身近な人が京都・祇園できもののデザイン関係の仕事をしていたということもあり。
続きを読む
2008/06/08(日) 23:02:53 | デザイン | COM(0) | TB(0) |
2008.06.08

いきなりはじめる仏教生活/釈 徹宗

哲学・生き方

いきなりはじめる仏教生活 (木星叢書)/釈 徹宗


Release Date : 5 Apr 2008

続きを読む
2008/06/08(日) 23:00:00 | 思想・哲学 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。