--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 |
2008.02.24

要塞島の余生 撮影・福田正紀

要塞島の余生 撮影・福田正紀

週刊新潮 2008年1月31日号
カラー3ページ

東京湾の入り口に浮かぶ人工島「第二海堡」。
現在は、消防訓練場として活用。
一般人は立ち入り禁止。

スポンサーサイト
2008/02/24(日) 20:49:46 | 建築・都市 | COM(0) | TB(0) |
2007.08.21

アート戦略都市 EU・日本のクリエイティブシティ/吉本光宏, 国際交流基金

アート戦略都市 EU・日本のクリエイティブシティ

鹿島出版会


2007/08/21(火) 00:31:22 | 建築・都市 | COM(0) | TB(0) |
2007.08.21

建築を目指して コルビジェ (コルビュジエ)

建築を目指して コルビジェ

鹿島出版会

建築をめざして

発売日:
ランキング 23468 位 
商品レビュー  建築家コルビジェが1923年に書いた本。設計の仕事をはじめてあらためて読み直すと似たような悩みと模索をこの巨匠も持っていたんだと感激します。(恐れ多いですが)若い頃に読んだ方も多いでしょうが再読をオススメです、勇気をもらえます。


2007/08/21(火) 00:27:12 | 建築・都市 | COM(0) | TB(0) |
2007.08.21

フランスの景観を読む 保存と規制の現代都市計画/和田幸信

フランスの景観を読む 保存と規制の現代都市計画

鹿島出版会

鹿島出版会

フランスの景観を読む 保存と規制の現代都市計画

発売日:
ランキング 17582 位 
商品レビュー   とにかく東京湾をフランスの湾岸都市にしようとおもう都知事が その気になってくれなくてはなんともならない。 保存にもフランスは市民と密着して建物を景勝をまもろうとしている。  都会人は日本はゆとりが無さ過ぎる。ゆえに開発事業がはびこり よい所をどんどん壊していく。  わたしはガウディの建物のように永遠に出来ないのではないか というような謎もすきだが、フランス人に見習うところは多い。  和田氏は丁寧に都市計画を考えているのだが、日本は それどころではない。  しかし、よい文章は未来に期待をもたせてくれる。 一読推薦いたします。


2007/08/21(火) 00:22:58 | 建築・都市 | COM(0) | TB(0) |
2006.05.29

日本の現代住宅〈1985‐2005〉

日本の現代住宅〈1985‐2005〉 日本の現代住宅〈1985‐2005〉
石堂 威、小巻哲 他 (2005/12)
TOTO出版
この商品の詳細を見る
 
続きを読む
2006/05/29(月) 01:18:47 | 建築・都市 | COM(0) | TB(0) |
2006.05.29

建築家・前川國男の仕事

建築家・前川國男の仕事 建築家・前川國男の仕事
生誕100年前川國男建築展実行委員会 (2006/04)
美術出版社
この商品の詳細を見る

2006/05/29(月) 01:15:46 | 建築・都市 | COM(0) | TB(0) |
2005.12.23

路面電車ルネッサンス 宇都宮浄人・著

欧米では路面電車の建設ラッシュが続く。商店街の荒廃、交通渋滞など、年の抱える諸問題を解決する、都市再生の切り札なのだ。
路面電車ルネッサンス 宇都宮浄人・著
路面電車ルネッサンス 宇都宮浄人・著

路面電車を、昔の乗り物と思い込んではいないだろうか。新世紀の都市交通の主役として、ヨーロッパ、そしてクルマ社会のアメリカでも、今や路面電車の建設ラッシュである。クルマの排気ガスによる大気汚染や渋滞、さらに中心市街地の衰退―。現在の都市が抱える問題を解決し、都市再生の切り札として、路面電車が再び脚光を浴びているのだ。地球環境にも人にも優しい路面電車を、豊富な事例に加え、経済学の視点とさまざまなデータを駆使して、冷静に捉え直す。

著者:宇都宮浄人
1960(昭和35)年兵庫県西宮市生まれ。84年京都大学経済学部卒業。現在、日本銀行に勤務。

2005/12/23(金) 12:46:56 | 建築・都市 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。